ブログトップ

NATSUKO SAKURAI NEWS

nsbijoux.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カッチ-女性の仕事-

カッチの村巡りのひとこま。

刺繍は昔から女性の仕事。
牧歌的に見えるこの景色も、昔とは事情が違うようです。

一人で、もしくは二人で一つの布を担当しているようでした。
e0130548_16122614.jpg

手に刺青を入れている女性が多く見られました。
e0130548_1612432.jpg


カッチ地方の産業は主に農業。
が、元々雨の少ない地域の上、旱魃(かんばつ)にも見舞われるという。
そんなとき女性達は家族のために作ってきた刺繍布を手放して
家計のピンチを切り抜けてきたという。

今現在は女性の仕事を支えるNGO等がバックアップして
彼女達に刺繍のデザイン指導を行って
組織的に制作されている事が多いようです。

写真の女性達が制作していた素晴らしい刺繍布にも
品番や型番の書かれたタグがしっかり付いていました。

が、携帯電話を傍ら(!)におしゃべりしながら手を動かし続ける姿は
どこの国にも見られる光景ですね。

*インド女性を支えるNGO団体*
SEWA

KALA RAKSHA
[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-30 16:32 | インドのお土産話

仕入れ ~1~

インドで必ず仕入れたかったもの、

18金のチェーン。

前回の旅で見つけたこのチェーンはお問い合わせも多く
個人的にも愛用している一品。

繊細でいながら存在感バツグン。
すべてが職人の手作業による一品です。

今回は種類も豊富に仕入れてまいりました!
e0130548_15153016.jpg


縄目模様が刻まれていますのでピカピカ光りすぎずナチュラル。
e0130548_15131672.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-30 15:08 | インドのお土産話

カッチのお買い物に見る時代の移り変わり

村巡りで買ったもの。
その中からも時代の移り変わりがわかる。

左上のブレード(リボン)は通りすがりのお洋服の仕立て屋さんで分けて頂いたもの。
なんてキッチュな色味!が、こういった色合いはインドではいたって普通。
洋服の切り替え部分やショールの頭上部分に使う。
(下写真の少女の服装にも見られます)


以前は刺繍だった部分がこういったブレードやリボンに変化し、
ミラーワークがスパンコールに、
洋服の生地がシルクや羊毛からポリエステルに。
たしかに道行く女性の服がテカテカ光っていたのに違和感を感じた。
あたりまえの、でも寂しい時代の変化。

写真右側はアンティークの刺繍素材。
ミラーワークや刺繍が美しい。
e0130548_153413.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-29 09:05 | インドのお土産話

カッチ女性のアクセサリー

やはり私の興味はアクセサリー。

赤ちゃんからお年寄り、路上生活者からマハラジャ、男性も女性もそうじゃない人も、
インドではアクセはあたりまえの必需品。

その中でもカッチ女性のアクセサリーはとってもステキ。

少女もばっちりゴールドピアス。
この円盤のような形は定番形のようでした。
赤やグリーンの色味はエナメル。永遠の宝石、エメラルドとルビーを模倣してるよう。
洋服の色味も赤とグリーンはよく見られました。
e0130548_14134843.jpg


こちらはシルバー三昧。
シルバーも重さなんて全く考えていない重量感のあるものが主流。
耳から髪の装飾につながっている物もたくさん見られました。
e0130548_14164240.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-28 09:05 | インドのお土産話

-カッチ-女性の服装

訪れる村によって女性の衣装の変化が楽しい!
インド女性はサリーだけが民族衣装ではないのです。

ラバリーと呼ばれる女性たちは黒を基調に未婚、既婚、出産、寡婦などを服装の変化によってつけている。
左手につけているのは象牙のブレスレットで既婚を意味しているという。
服は完全オーダーメードで、それぞれが自分の体型に合わせて作っている。
頭からショールを被っていますが実は背中は丸見え。ヒモで後ろを結んでいるのみなのです。
e0130548_22163494.jpg


こちらは刺繍一族(正式な名ではないです)
今では観光客相手に刺繍作品を売りさばき、たくましく商売。
はい、私も買いました。
しかし気の遠くなる刺繍のオンパレード。
e0130548_22271040.jpg


こちらは最後に出てきた力作。
ミラーワークがカッチ地方の特徴。
ミラーには、邪視除けや魔除けの意味があるという。
色合いといい、とってもカワイイ。

e0130548_22335914.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-27 09:05 | インドのお土産話

カッチの村にて

アーメダバードからバスで揺られること9時間。
ブジに到着。

ブジからリクシャで村々を巡る。

そこには今も民族衣装に身を包み暮らす人々がいる。

座ってるだけなのにかっこいい~。
若い男性はシャツにジーンズ姿。
いつまでこの姿を見られるのでしょうか。
e0130548_2135479.jpg


女性陣が写真を恥ずかしがる中、撮れ撮れ、と歌い回りだしたおばあさん。
年齢と共に刺繍が減っていき、寡婦は黒一色の衣装になる。
黒でいっそう個性が際立つおばあさん。


e0130548_21373152.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-26 09:20 | インドのお土産話

インドの窓

暑いインドでは窓が重要。

細工が美しい。

e0130548_21165921.jpg


e0130548_21173471.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-25 21:14 | インドのお土産話

インドは広い

インドはとにかく広い。
インドを旅するには一ヶ月は必要といいます。

今回は18日間の旅。

女性の手仕事が美しい布や刺繍を求めてクジャラート州。

マハラジャのおもかげが残る宝石の街ジャイプール。

と、文章にすると優雅ですが、
髪の毛ドレッド(からまってた)になりながらインドの風に吹かれてきました(風邪もひいた)

e0130548_1885529.jpg
[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-25 18:36 | インドのお土産話

ナマステ

インドより帰りました。
出発前、ボンベイのテロ騒動などでご心配おかけしましたが
約1年半ぶりのインドは変わりなく、旅人を迎えてくれました。

インドで見たもの、買ったもの、食べたもの、
これからブログでご報告していきます~。
ご期待下さい!

e0130548_1845917.jpg

[PR]
by ns-bijoux | 2008-12-22 18:05